今まで使っていたEmailをGmailでもっと便利に利用する。

Gmailの使い方

ニフティなどのインターネット接続のサービスプロバイダから提供されたメールを、GoogleのGmailで利用するととっても便利なのです。Gmailはインターネットが繋がっている環境であれば、パソコンでもスマホでも、iPadなどのタブレットでも、どこからでも同じように利用できます。
利用できるだけなら、あまり便利に思えないかもしれませんよね。

メールの状態がどの端末からでも、いつも同じに!

では、例えば、パソコンで大切なメールの返信を書いていたとしましょう。時間がなく途中までしか書けず、別の約束があるため仕方なく電車に乗り込みました。早く返信したいのに、戻ってメールの返信ができたのは結局3時間後に。
なんてことはないでしょうか。
Gmailなら、そんな時も大丈夫です。
パソコンで書いていた返信メールが途中でも、その続きをスマホから書いて返信することもできるので続きは電車の中で、なんてこともできます。
その逆も、もちろん可能です。スマホを使って電車の中で書いていたメールの続きをを、自宅のパソコンから書くこともできます。
スマホからでもパソコンからでも、利用している状態を同じに保ってくれているのです。これを『同期させる』とも言います。

ウィルスや迷惑メールなどにも強い!

メールを扱っていて心配なのが、ウィルスや迷惑メールです。docomoやauやsoftbankなどのキャリアメールは、迷惑メールのフィルター設定をしても、迷惑メールがやって来ませんか?仕方なく、PCからのメールやリンクが貼られているメール全てを拒否にして、やっと来なくなるのですが、これって大事なメールも見落としてるのでは?と不安になります。

GmailはGoogleという会社がサービスを提供しているのですが、今やとても有名なので知らない人も少ないと思いますが、日本では有名なYahooと同じように、検索サービスを提供している会社です。動画が無料で見られるYoutube(ユーチューブ)や世界中の地図を無料で見られるGooglemap(グーグルマップ)なども有名ですね。

そのグーグルが提供しているメールサービスは、ウィルスなどの迷惑メールに対してもとても優れています

つい先日も、某プロバイダ提供のメールに送られてきたメールの中に、怪しい添付ファイル付きのメールがあったらしく、Gmailでストップしてくれていました。Gmailからは、ウィルスが含まれてる可能性のあるメールが届いています。というメールが届いていました。その件名を見ると、 『宅急便受取指定ご依頼受付完了のお知らせ』送信者が『ヤマト運輸』となっていました。これは思わず開いてしまいますよね。

全世界で利用されているGmailならウィルスに対する対策も世界のトップクラスです。

パソコンやスマホにメールのデータを置いておかなくていいのでハードディスクの空きが増える

Gmailは、あなたのパソコンやスマホにはデータは一切ありません。全てグーグル社のサーバーに保存されます。これをクラウドに保存する。などと言います。パソコンやスマホへ保存しないので、ハードディスクがメールのデータ分空きます。数年分ともなると結構な容量になりますよね。添付ファイルなどもあるし。

おい、大丈夫か?大事なメールがグーグルに見られるんじゃないか?と思われた方もいるかもしれません。その通り見られない可能性はゼロではありませんが、グーグルさんが人は見ないと言ってるので信じるしかありません。
ロボットがメールを解析している事はグーグルも認めています。なので先ほどのウィルスも発見してくれたのでしょう。

とにかく大容量のメールを全て保存してくれているので、例えば3年後に新しいパソコンを買い換えた場合、過去のメールの移行ってあまりしないですよね。Gmailに保存しておけば3年前でも5年前でも、検索すれば出てくるので本当に便利です。

他の便利なサービスと連携できる

世界中で最も利用されているメールサービスなので、他の会社が提供しているサービスと連携して利用できることも多いです。例えば、カレンダーアプリと連携できたり、ToDo(やることリスト)アプリと連携ができるサービス一覧にGmailはほとんど入っています。利用者も多いおかげで、さらに便利に活用することができるとおもいます。

もっとたくさん便利な機能があるのですが、このページだけではとても書ききれません。こちらの本にも詳しく書かれています。

使用していたメールをGmailで使えるように設定

まずはGmailにログインしてください。まだGmailに登録していないという方は『こちら』の手順から登録してください。

Gmail設定画面

右上の歯車アイコンから、『設定』を選択します。

メールアドレスを追加

アカウントとインポート』タブを選び、『メールアドレスを追加』をクリックします。
すると、黄色い画面が現れます。

メールアドレスを追加

Gmailに送るメールアドレスを登録します。

  • 相手のメールに表示される名前
  • メールアドレス

 

メールアドレスを追加・設定
Gmailで『自分のメールで送信』できるように設定をします。
ユーザー名やSMTPは現在設定されているパソコンのメールソフトの設定を参照してください。
ポート番号などはメールの設定をみると書かれています。
以下に、主なプルバイダのメール設定説明ページとSMTPのアドレスを載せておきます

  • SMTPサーバー
  • メールのユーザー名
  • メールのパスワード
  • ポート番号

各プロバイダのメール設定ページ

各プロバイダのSMTPサーバー

プロバイダー名 SMTPサーバー
auひかり msa.r.dion.ne.jp または msa.ab.auone-net.jp
ニフティ smtp.nifty.com
So-net mail.so-net.ne.jp
Yahoo!BB ybbsmtp.mail.yahoo.co.jp
OCN smtp.ocn.ne.jp
eo smtpauth.eonet.ne.jp
ぷらら サブドメイン名.mail.plala.or.jp
BBエキサイト smtp.サブドメイン.bbexcite.jp
BIGLOBE mail.biglobe.ne.jp

『587』に設定と書かれていてもエラーが出る場合は、『25』で設定してみてください。

確認コード
うまく設定できると、上のような画面に変わります。
パソコンのメールソフトに、『Gmailチームからメール』が届いているはずです。

確認メール
メールの中身は上のような内容です。
今までのメールアドレスをGmailでも利用してよろしいですか。
という確認のメールです。
OKなら赤枠部分の長いリンクをクリックします。

メールアドレスの確認 メールアドレスの確認
届いたメールのリンクをクリックすると、上のような画面がブラウザで表示されるので、
確認』ボタンを押して、今までのメールアドレスをGmailで使用することを許可します。

確認コードの入力
最後に、先ほどの黄色い画面に
届いたメールに記載されていた『確認コード』を入力し、『確認』ボタンを押します。

設定内容の確認
正しく設定できれば赤い矢印の部分に、先ほど登録したメールアドレスが表示されています。

今までのメールに届いたメールを、Gmailに転送する設定

先ほどの設定で、Gmailから『登録したメールアドレスで送る』ことができるようになりました。メールをもらった人は登録したメールアドレスから送られてきているのでGmailから送っていることには気づきません。
しかしこのままでは、『登録したメールアドレス』に送られてきたメールをGmailでチェックすることができないので、『登録したメールアドレス』に送られてきたメールをGmailに転送する設定をします。
これで、今までお使いのメールソフトはいらなくなり、Gmailだけでどこでもメール送受信が可能になります。

Gmailに転送する設定は、各プロバイダによって異なります。
以下に、主なプロバイダの転送メール設定ページを載せておきます。

 

各プロバイダーのメール転送設定ページ

各設定には『転送先メールアドレス』の入力画面があるので、そこに『Gmailアドレス』を正しく入力します。

あなたの取得した名前@gmail.com

がGmailアドレスです。

以上で設定は終わりです。
ちゃんと設定できているか、『登録したメールアドレス』にメールを送ってみましょう。
『Gmail』で受信できていれば成功です。
そのメールに今度は、そのまま返信してみましょう。
送信者は、『登録したメールアドレス』になっていれば送信も成功です。

送信者がGmailアドレス担っている場合は、以下の『メールを受信したアドレスから返信する』に設定を行ってください。
送信者の設定

 

以上で、すべての設定が終わました。
これからはパソコンでもスマホでも、メールに関してはGmailだけで送受信ができるようになりました。
Gmailには他にもビジネスにもプライベートにも役立つ様々な便利機能がこちらの本でも紹介されています。

コメント